トルコ共和国

8月の終わりにかけて家族でトルコに行った

そう、トルコは共和国なのだ。Republic of Turkey

空港税はもう支払ったはずなのに、入国の際、入国税なのか?大人も赤ちゃんも一律BSP10を課せられた。

この事は飛行機内、入国審査に掲げられた看板で知る。

あれ??日本人の私にはその義務がないらしい。審査官も私には要求しなかった。

まだまだ日本人の知名度の低さを久々に感じたトルコ南部(笑)

東洋人は珍しいのか?本当に滞在中100回くらい何処から来たのか聞かれたはず。

観光業界者には、北部の観光地でそうそうたくさんの日本人にあった事があるよと耳打ちされた。

そうでしょ、だって若かりし頃の私にとってトルコは憧れの地、なぜなら一番遠いアジアだと思っていたのだ、エキゾチックな西と東の交わる所。しかし、今回の旅行で見たトルコは、EU加盟国への移行中、ユーロを承認する99%イスラム教の国。ビールも飲めるし、露出度の高いスリムな美しい女性たちをたくさん見た。

トルコ人、私の止まったホテルでは、ハードワーカーの精鋭部隊、笑顔で激務のシフトをこなし、怠慢さはかいま見る事もできず、日本のようにすばらしいかもと、頭が下がった。こういう事をハイ スタンダードと言うのかと改めて英語の意味を理解する事ができた。子供が大人を手伝う景色があちらこちらで見受けられたし。

世界遺産や歴史的建造物を訪れたかったのだけれど、赤ちゃんづれでこの暑さ、4から5時間のバス移動のデイトリップは無理かな、と断念(ごめんよ息子)、ただただ海を眺め、チーズとトマトとオリーブとたくさんのフレッシュハーブを散らしたサラダと魚に烏賊に蛸(私は毎食食べていた)。そして水に浸かり、ビールを飲んで赤ちゃんが砂浜をハイハイするの見て、日焼け止めを塗りたくる。息子は、外出と夕食と寝る時以外は出会ったイギリス人の友達と四六時中行動を共にする。ビーチにプールに、おなかがすけば皆でお昼を食べて、遊び疲れればハンモックで一休み。何を飲もうが何個アイスクリームを食べようが完全に彼任せ。そして真っ黒に日焼けして、スイミングレッスンにに何年通おうとも、この10日でそれ以上に上達したはず。

街に出た、脇道に見つけた数件の魚屋、興味をひいたのでどんどん奥へ入ってみるとコルデサックになったその通りは食堂街、お手製のような布の日よけを建物の屋上から巡らせ(スペインもそうだった、暑い国なのね)競争する訳でもなく、色とりどりの小さなレストランが肩を並べていた。何処のテーブルを道にセッティングしているので、バギーで通るのはやっと。デイナータイムの活気を想像するだけでわくわくする。

何度も聞いたのに覚えられなかった、トルコ語のありがとう、今度はちゃんと覚えて必ず再訪問したい

懐古

何の加工も施していない、本当にスナップ写真ですが‥‥

懐かしい 日本での写真 彼是6-7年前になりますか。

自分たちの若さにも驚かされるものの

つい日常に見逃してしまうことの多くなってしまった、子供の愛らしさがぐうっとよみがえりました。

ここのところ毎日毎日 息子の写真を息子と見ています。 あの頃とちっとも変わっていない気がする。

Joe at Solfest

このフェステバルはファミリーフレンドリーなので、子供の楽しめるアクティビティがたくさんあった。

私が楽しんだのは、ドリームキャッチャーつくり。

息子の今年の初体験は、フリントをつかった火おこし。

本当に少量の綿と藁、木を組んで 火を起こし、地面から20センチ上に張った糸を誰が早く焼ききれるかなんて競争もした

こんな風に当たり前のように火を扱えれば、心強いのだ

ベーコンと卵くらい何処でも焼けて、環境にも優しいのだと 教えてもらった

Solfest

去年このフェステバルでは散々な思い出がある

もう絶対行くものかとすら思っていたのだ、今年は男同士のキャンピングだったはずが

私と息子の今年のメインイベントになった。

このフェステバル会場は三方が海に囲まれていて、ああ戻ってきてよかったなぁ

本当に空と草原と牛と馬しかない道をどのくらい走ったか もうどこへだって運転していける!

緑のやわらかい草の上に 二人で立てたテント! (ポップアップだけど)

みんな羽目をはずしすぎず、ビールやサイダー、ワインのボトルやグラスを片手に

ノンビリ歩いている。私も フェステバル エールを1杯。今年はこれで十分。

今年は フェステバル用に二人で帽子を買いました

だって皆 集う人たちは普通に個性的なのだ

さすがに寝付かれず、バンドは朝の3時くらいまで聞こえていたのは覚えてる

朝方は小雨と風と隣のテントからいびきも聞こえるくらい ピースフルでした


KUWAHARA

マンチェスターでは色々な事ができるね

フットボールはもちろんだけど

先日マンチェスターで行われた競泳大会にはウイリアム王子も見学に来ていたし

陸上 自転車競技、ボクシングにも中々力を入れてるし

ローラーホッケーなんかもある

スケートボードもできるし、スコッシュなんかも子供向けにあって

これらのレッスンは市が運営している

このサーキット(?)も市の公園に付随するわけで

なんと日本(大阪)の桑原というメーカーのBMXを貸し出し用にずらっと揃えていました。

(息子は自前であったが、今度は借りてあげよう)

E.T.が月に向かって乗っていた自転車はこの桑原のものだったとか

Neil Roland

実は先日お隣さんが うっかりわが家の車をぶつけてしまった

保険屋さんの指示であるガレージへ修理の査定に車を持ち込む

タウンセンターからほんの北に向かった地域、向こう側には刑務所の塔がそびえる

まるでこの地域の象徴

久々少し周囲を警戒する。

電話をかけながら何とかガレージを見つけて、受付で少し待つものの

え??この写真ってどっかで見た誰かの作品に似ている

(って息子の友達のヘンリー君のお家にこの人の作品が飾られているときも思ったんだ)

え??Neil Rolandのサインの入ったアートワークが飾られている

え??それもこのガレージ(会社)をモチーフにして

たくさんの車のスクラップ、この通りに描かれた落書き、そしてあの塔

Neil Roland 地元の写真家さんなんですね

好みはあるとは思いますが、私にとってかれの作品はどれも強くマンチェスターを象徴する作品で

なんだか自分がとても魅力的な街に住んでいることを自覚させられます

http://www.neilroland.co.uk/gallery14.htm

Come dine with me

本当は クラッシュドアマレットビスケットにフレッシュベリーとフロマージュ フレイがかかった

デザートもあった3コース

シェフってスキルフルな職業だなぁとあらためさせられていた。  いつでも 作ってもらい食べることは楽しい。

昔、息子の父親が日本に住んでいた頃よく蒸した人参をステーキと一緒に食べたがっていたことが懐かしい

それから、郵送されてきたハギスに茹でた蕪を添えて食べていた事もあったなぁ

いつでも お寿司は有難くいただきたい

アナゴや しめたコハダや鯖 あの昆布の旨みが口の中を今もじゅわっとさせる

甘く炊いた干瓢巻き 貝や蛸 タイや平目などの白身に若葉色の山葵

季節によって出回る魚も食べたいなぁ

2010 新年

どこにしまったか思い出せない鍵がある

保護か寄生か 双方営みの証

無心になれたら 静かに生きていけるのだろうなぁ

静かに過ごせれば 幸せなのだと思っているのだが

そう一人でいれば静かにいられるのに

でも 弱すぎて 誰かに寄り添わなくては生きていけなくて

目に見えない誰かでもよいのかもしれないなぁ

あれもこれも求めずにいられるのは究極 何処なのだろう

Woods

秋は美しい

分厚い 柔らかい 落ち葉の絨毯の上を歩くのは楽しい

大きな声を上げて 枝を拾い ひらすら 歩くのが楽しい

そんな彼を見るのが 楽しい だから私も歩くのが好きだ

夏休み 中盤戦

今年は息子と二人旅 してきました

実は周囲が交通量の多いランドアバウトになっていてどうやって麓にたどり着くのか少々頭をひねった
実は周囲が交通量の多いランドアバウトになっていてどうやって麓にたどり着くのか少々頭をひねった
東京タワーのほうが大きく感じると息子は言う
東京タワーのほうが大きく感じると息子は言う
息子が撮りました
息子が撮りました
到着した日曜日列車を降りて改札を抜けて見上げたのはこのノートルダム。この日は夜10時まで拝観ができたようで沢山の人がノートルダムに登っていました
到着した日曜日列車を降りて改札を抜けて見上げたのはこのノートルダム。この日は夜10時まで拝観ができたようで沢山の人がノートルダムに登っていました